インフルエンザはどんな症状?風邪との違いや危険な合併症について解説します

オセフル

オセフル

オセフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用することによって、感染に伴う症状を抑えることができます。
まとめ買いで大幅割引
3箱:17,940円13,545円

インフルエンザには種類がある

毎年、冬季になると、あちこちから聞こえてくるインフルエンザ流行のニュース。
インフルエンザとはウィルスに感染することで発症する強力な感染症です。
主な症状としては、38℃以上の高熱を発し、全身の関節や筋肉の痛みというものですが、何よりも恐ろしいのがその感染力での強さです。

いろんな経路から感染するインフルエンザ

咳やくしゃみによる飛沫感染や、ウィルスキャリアの唾液や鼻水がついたモノをさわることで移ってしまう直接感染によって、周囲の人に簡単に感染してしまいます。
特に集団行動を送っている教育機関や会社、病院などではあっという間にインフルエンザが拡散。
学級閉鎖や学校閉鎖に追いやられてしまう可能性もある恐ろしい感染症です。

冬の受験シーズンは要注意

通常の風邪と違って、冬季の空気が乾燥した時期にのみ流行するという特徴があります。
そのため、冬季に受験を迎える学生にとっては恐ろしい存在に。
TVニュースでインフルエンザのニュースが始まると気が気ではなくなります。

ABCの三種類?

実はこのインフルエンザにはいくつかの種類があることはご存じでしょうか。
主にA型、B型、そしてC型に分類されていることはなんとなく聞いたことはあっても、それぞれにどんな特徴があるのかまで深く知らない人も多いことでしょう。
それ以外にも現在では、「鳥インフルエンザ」なんて言葉も聞かれます。

A型インフルエンザの特徴

現在、私たちが一般的にインフルエンザとよんでいるのはA型になります。
実はこのA型インフルエンザはなかでももっとも重篤になる可能性が高いと認識されています。
続いてB型も感染者が多いのですが、ほとんど普通の風邪と変わらないような症状なのであまり話題にならず、しかもそれほど感染力が強くもないので、ある限定的な地域でのみしか流行しません。
C型インフルエンザに関しては、さらにB型よりも軽い症状ですんでしまうため、あまり話題に上りません。

A型はパンデミックの危険大!

A型は毎年、大きな話題になるインフルエンザです。
感染力が強いためパンデミック=大流行を引き起こす可能性も高いのが特徴。
過去には多くの死者を出した、スペイン風邪や香港風邪などもこのA型に分類されます。

突然変異によって生まれた新型インフルエンザ

2009年に大流行を果たした、いわゆる「新型インフルエンザ」もこのA型に含まれます。
新型インフルエンザとは、突然変異によって感染力が強力になり、それまでは人に感染しなかったモノが人から人へ感染するようになったウィルスを指します。
2009年の新型インフルエンザは、元々、豚に感染していたものが突然変異を起こしたもの。

新しいウイルスはワクチンパンデミックが起こりやすい

どんどん新しい型のインフルエンザが登場するとワクチンの生産が立ち後れる可能性があります。
未知のウィルスが登場すると、従来型のウィルスに対抗する免疫が作られてくるのですが、新しいウィルスには当然対抗ができず、新たなウィルスを元に開発されるワクチンが間にあわなくなり、パンデミックが起こりやすくなります。

鳥インフルエンザもA型

このA型インフルエンザのウィルスは現時点で140種以上あると言われ、少しずつ新しい種類が増えています。
最近、話題になっている鳥インフルエンザも、このA型に分類され、人に感染懸念する懸念が広がっています。
A型インフルエンザの特徴は38℃以上の高熱や関節炎や筋肉痛などがあげられ、呼吸器系の合併症がみられるケースもあります。
小児が感染した場合には、インフルエンザ脳炎などを引き起こし、重篤化する可能性もあるので注意が必要です。

B型インフルエンザの特徴

B型インフルエンザは、A型のような大きな流行はみせないのですが、近年ではほぼ毎年、新たな流行を見せています。
このB型は人と人の間でしか感染することはなく、主に2種類のウィルスが確認されています。
そのためワクチンの確保されており、それほど重篤化するおそれはないものです。

B型はおなかにくるのが特徴

症状としては下痢や腹痛など消化器系の障害を起こしやすく、いわゆる“おなかの風邪”に間違えられやすいと言う特徴を持っています。
A型のように変異することもないため、一度感染した人は免疫を持っていると考えられます。

症状は弱いけど。油断は禁物

症状が弱いため、病院に行かずに市販の風邪薬や整腸剤を飲んでやり過ごそうとする人もいますが、感染の可能性もあるので、きちんとした治療は必要です。
見分けるのは難しいのですが、流行しやすくなる2月から3月にかけてこのような症状がみられたならば、B型インフルエンザを疑ったほうが良いでしょう。

C型インフルエンザの特徴

めったに流行しないのですが、もうひとつC型インフルエンザというモノが存在します。
まず種類がひとつしかなく、変異することもないため、一度感染すれば免疫がついて二度と発症しなくなります。そのため、感染者が増えないので話題にならないのでしょう。
しかし油断は禁物です。
まだ免疫ができていない小さな子供の感染する可能性は十分にあり得ます。
それは特に4歳以下の子供に多くみられます。
一般的な鼻風邪と同じような症状を発するため、それがインフルエンザであることに気づかず、そのまま放置される可能性も高いのです。

ちょっとした体調の変化に注意を

そうなると、小さなお子さんにおいては重症化する可能性もあり、特に2歳未満の子が多く、入院するという報告があがっています。
確かに普通の風邪と見分けることは難しいかもしれませんが、自分の子供のことなのでちょっとした体調の変化を見逃さずに、少しでもおかしいなと感じたら病院に連れて行って検査をしたほうが良いでしょう。

A型、B型両方に感染する可能性

ここで注意が必要なのは、インフルエンザのA型とB型とC型ではそれぞれに違ったウィルスが原因で感染するのだということ。
一般的には一度感染したウィルスに対する免疫ができるので、同じシーズンに何度もインフルエンザにかかることはないのですが、A型にかかった人が、さらにB型、C型にかかる可能性はなきにしもあらずということです。

 

一度インフルエンザにかかっても安心できない。

またB型とA型は複数の種類のウィルスが存在するため、同じシーズンに何度も感染する可能性があります。
場合によってはA型、B型同時に罹患する可能性もあるようです。
特にA型の場合には、高熱を発するため、かなり体力も消耗します。
一度、インフルエンザにかかったから大丈夫だと安心せずに、やはりしっかり予防に努めたほうがよいでしょう。

早めのワクチン接種を。

やはりインフルエンザの予防にはワクチン接種が有効ですが、先に述べたように新型インフルエンザが発生しパンデミックになると、ワクチンの生産が間に合わなくなって、絶対数が不足する場合があります。
なので、インフルエンザのシーズンが到来したら、できるだけ早めにワクチンを接種したほうが良いでしょう。

日常で出来る予防策

日常生活においても予防策はあります。
まずはマスクの着用を習慣づけてください。インフルエンザ感染経路のほとんどが飛沫感染になります。
ウィルスのキャリアが咳やくしゃみをすると、ウィルスが空気中に拡散されます。
それを口や鼻から吸い込むことで感染してしまいます。
インフルエンザというのはそれだけ感染力が強いのです。

免疫力を高めることが大事。

外出先から帰ってきたら必ず手洗い、うがいを励行すること。
さらに生活習慣を整えてむやみにストレスや疲労をためないよう心がけてください。
人間は疲れると免疫力が極端に低下するので、そのタイミングではインフルエンザウィルスに感染しやすくなります。
また、睡眠時間を十分にとって、心と体を休めるようにしてください。
インフルエンザは重症化が進むとインフルエンザ脳炎などに罹患する可能性もあるため、放置したり無理をすることなく、正しいインフルエンザの知識を身につけた上で、しっかり完治させるようにしてください。