インフルエンザの感染経路。日常生活での注意点とは?

オセフル

オセフル

オセフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用することによって、感染に伴う症状を抑えることができます。
まとめ買いで大幅割引
3箱:17,940円13,545円

集団活動の中で感染するインフルエンザ

インフルエンザの感染力が強力であることは、多くの方々が認めるところでしょう。
どこかで流行の兆しがあるとの報道があると、一気に広がっていきます。
特に12月から3月にかけての期間において、爆発的な流行を見せる傾向があります。

学校や幼稚園、保育園など

その多くは学校や幼稚園、保育園など、一定量の人々が集団活動を行う場面で一気に広がっていきます。
クラスで数人のインフルエンザ患者が現れると、それ以上の感染を防ぐために学級閉鎖や学校閉鎖になるケースもあります。

病院や電車の中でも

また、病院や電車の中でも感染する可能性があります。
インフルエンザのウィルスを保有するキャリアから拡散していくものですから、当然、インフルエンザの患者が外来で通院する病院では感染リスクが高まります。
満員電車など、密閉された空間の中で、人が密接に接触している状態も同様。
インフルエンザのウィルスを保有する乗客を中心に感染する恐れがあります。

インフルエンザの感染経路は大きく二つ

どのような経路でインフルエンザの感染が拡大していくのでしょうか。
一般的にはインフルエンザだけに関わらず、感染症全般においていえることではあるのですが、飛沫感染と接触感染の二種類があります。

空気から感染する「飛沫感染」

読んで字のごとく、飛沫感染とはキャリアが咳やくしゃみをすることで、インフルエンザのウィルスを空気中に飛沫。
周囲の人がそれを吸い込んで感染するというものです。
特に電車の中のような密閉され、あまり換気もされないような空間では、飛沫感染が起こしやすいため、もしも近くで咳やくしゃみをしている人がいたら、なるべく近寄らないようにするのが無難です。

マスク着用の配慮を!

これはエチケットも問題ですが、少なくとも風邪気味の人はマスクをして電車やバスに搭乗しましょう。
周囲の人に風邪をうつすのは迷惑ですし、もしかしたらそれはインフルエンザの初期症状化もしれません。
咳やくしゃみで保有しているウィルスを拡散しないよう、配慮すべきでしょう。

ドアノブやつり革などから感染する「接触感染」

空気を伝って広がる飛沫感染以外にもインフルエンザの感染ルートは存在しています。
インフルエンザのウィルスは強力であるため、ウィルスが付着したドアノブやスイッチ、つり革などを介して感染する可能性があります。
ウィルスを保有するキャリアの唾液や鼻水などにはインフルエンザの菌が含まれている可能性が高いため、それが付着したドアノブやスイッチ、つり革に触れた手で鼻や口の粘膜に触れると高確率で感染してしまいます。
それだけインフルエンザのウィルスは強力だということです。

感染経路を理解してインフルエンザ予防を

もちろん、お分かりの通り、インフルエンザが流行している時期には特に、多くの人々が触れる可能性があるものにむやみに触れない、触れたら必ず手を洗うか、あるいは口や鼻に触れないという配慮が必要となります。
帰宅後のうがいや手洗いは必須。
もちろん、咳やくしゃみと同様、キャリアの方のマナーも必要です。
自分の唾液や鼻水が付着した手でむやみに人に触れない、公共物に触れないよう配慮するのが望ましいです。

感染が確認されたら通学や通勤は厳禁

インフルエンザの潜伏期間は1~2日と非常に短いのが特徴。発症する1日前から感染する可能性があるといわれています。したがって潜伏期間も感染する可能性が高くなっているのが特徴。
そのため、感染が確認されたら基本、通学や通勤をしてはいけません。
インフルエンザ患者が学校に通えないということは保険安全法という法律によって規定されています。
気づかないままに通学をしてしまうと、一気に周囲の学生に拡散し、下手をしたら学級閉鎖や学校閉鎖に追いやられてしまう可能性があるからです。

マナーを守りながら、感染を防止しよう。

上記のような感染経路を正しく理解していれば感染を防ぐことができるし、逆に周囲に対して感染させる恐れも軽減されます。
マナーを守りながら、感染拡大を防ぐよう配慮したいものです。

オセフル

オセフル

オセフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用することによって、感染に伴う症状を抑えることができます。
まとめ買いで大幅割引
3箱:17,940円13,545円