【インフルエンザ予防】ウィルスの感染を防ぐ、実践テクニックとは?

オセフル

オセフル

オセフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用することによって、感染に伴う症状を抑えることができます。
まとめ買いで大幅割引
3箱:17,940円13,545円

インフルエンザは予防が大事

インフルエンザは大変恐ろしい病気です。
高熱や頭痛、関節の痛みなどのつらい症状はもちろんですが、それ以上に恐ろしいのが感染力の高さです。
一般的にインフルエンザと呼ばれている「A型インフルエンザ」は症状が重く、新型がどんどん誕生するためワクチンの供給が追い付きません。
その為、いちど感染が始まってしまうと、あっというまに大流行してしまう危険があります。
自分がインフルエンザにかかるだけならまだしも、周りの家族や友人まで感染させてしまうのは嫌ですよね?
だからまず、しっかし予防をしてインフルエンザにかからないようにすることが大事なんです。

ワクチンを摂取して予防する

インフルエンザの予防法と言われて、誰もがまず最初に思い浮かぶのが、ワクチンによる予防接種ではないでしょうか?
毎年10月半ばあたりから、各病院で予防接種が開始されます。
予防接種は早めに投与した方が効果的です。
可能であれば、インフルエンザのピークが始まる11月までに受けることが理想的です。
学校や会社に所属している人ならば、所属団体の負担で予防接種を行っているケースも多いです。
その場合は、来院日までにインフルエンザにかからないよう、しっかり日常の予防に努めましょう。

予防接種の予約時期

自分で予防接種を受ける場合、いつ頃予約をすればいいのでしょうか?
一般的には、9月あたりから各クリニックで予約の受付が開始されます。
流行の兆しが強い年には、あっという間に予約がいっぱいになり、いつまでも予防接種が受けられない状況になることも多いです。
そんな状況にならないように、可能な限り早い予約をオススメします。
最近では、夜20時ぐらいまで対応しているクリニックも増えています。
これなら日中、仕事で時間がとれない人も、帰りに立ち寄ることもできますね。

予防接種にかかる費用

インフルエンザの予防接種は自由診療の扱いになるため、保険が適用されません。
受診者の10割負担になっていて、一回の接種に約3,000円程度の料金がかかります。

13歳未満
13歳未満の場合は二回接種が推奨されています。
一回3,000円程度で、全部で約5~7,000円程度が相場です。
13歳以上
接種は一回ですが、約3~5,000円程度の負担になります。
65歳以上の高齢者
高齢者の場合は、地域の補助金などでまかなわれるケースもあり、無料で予防接種を受けられう場合があります。
役所や受診予定のクリニックに問い合わせてみましょう。
自費負担となる場合は、やはり3,000円程度かかります。

予防接種の料金は、各クリニックの裁量によって独自に価格が設定されます。
受診するクリニックがお決まりでしたら、ホームページや電話などで料金を確認すると確実です。

予防接種では完全に防げない

実は、予防接種を受けてもインフルエンザを完全に防ぐことはできません。
予防接種は、インフルエンザに感染した後に、症状を抑える効果を目的としています。
そのため、予防接種を受けた後でもウイルスに感染する可能性がありますし、発病する可能性もあります。
自分が発病していなくても、他の人にウイルスを感染させてしまう場合だってあります。
もしもの時の為に、予防接種を受けることには大きな意義がありますが、インフルエンザの予防には、はやり日常生活での対策も大切になってきます。

日常生活でできる予防法

日常生活の中でいちばん気をつけなければならないのが、外出時です。
例えば電車の中では、咳などの飛沫感染を防ぐためにマスクをする場合がありますよね?
もちろん、マスクは大切なセルフケアになります。
インフルエンザの流行時には、2枚重ねて着用するとより高い防衛効果を発揮します。
しかし、ウイルスの感染を防ぐための、もうひとつの大きなポイントをご存知でしょうか?
それは手すりやつり革から感染する、経口感染と呼ばれる感染経路です。

手袋の着用も大切

実は、感染者が触った場所にも、ウイルスが付着している可能性があるんです。
インフルエンザウイルスは感染力が強いため、手すりやつり革に付着した場合でも、触れた人に感染してしまいます。
人体から離れても2~8時間ぐらいは感染力が残っていると言われていて、出勤、通学時に体に付着したウイルスが、昼食や飲み物などを口にした時に体内に入ってしまうケースが非常に多いです。
電車内や混雑する場所では、マスク以外にも手袋などでウイルスの付着を防ぐと、感染のリスクがぐっと減ります。
最近では、スマホ対応の手袋や、機種によっては手袋をしたままパネルタッチができるスマホも発売されていますので、手袋をしていても手持ち無沙汰にならずにすみますね。

インフルエンザの潜伏期間

インフルエンザは、症状が現れていない潜伏期間中でも感染してしまいます。
ウイルスに感染すると、1~3日程度の潜伏期間を経て症状が現れ始めます。
ウイルスが感染力を失うのは、症状が現れてから一週間程度です。
発病後に感染することもちろんですが、症状が現れる前から感染してしまうことが、予防の困難さに拍車をかけています。
周りの人間どころか、自分自身がウイルスを撒き散らしている場合すら、全く気付かない恐れもあります。
インフルエンザのシーズン中に外出する際は、「オセフル」などの予防効果があるお薬をあらかじめ飲んでおきましょう。
それだけで、自分や周りの大切な人たちを、危険から遠ざけることができるはずです。

人気・実績ナンバーワン
オセフルの通販
オセフル
オセフルは、インフルエンザの特効薬として世界的に知られているタミフルのジェネリック薬品です。 タミフルと全く同じ効果で、安価に手に入ります。

インフルエンザに効く食事

外出時以外でも、普段の生活の中で免疫力を高めていくことが、インフルエンザ予防には大切です。
適度な睡眠や運動は、もちろん健康のために欠かせないことですが、そのために毎日時間をとることが難しいのも現実ですよね?
そんな人は、普段の食事に免疫力を高める食材を取り入れてみてはいかがでしょうか。

免疫力を高める食事

免疫力を高める簡単な方法は、まず体内の善玉菌を増やすことです。
善玉菌とは体にプラスの働きをしてくれる菌類のことです。
代表的な善玉菌は「ビフィズスキン」や「乳酸菌」などが挙げられます。
誰でもいちどは耳にしたことがありますよね?
これらの体内環境を整える食品にプラスして、抗ウイルス作用やタンパク質などの栄養価が高い食品を組み合わせることで、より高い予防効果が期待できます。

善玉菌を多く含む食品
ヨーグルト
納豆
キムチ
黒ニンニク
抗ウイルス作用がある食品
長芋
オクラ
はちみつ
味噌、醤油
梅干し
良質なタンパク質
豚肉
鶏肉
豆腐、豆乳などの大豆製品

これらの食材を組み合わせた簡単メニューを、いくつかご紹介します。

はちみつヨーグルト
ヨーグルトにはちみつを垂らすだけ。
善玉菌と、はちみつの高い栄養価で免疫力を高めます。
はちみつには喉を守る効果もあるので、咳などで喉を傷めている場合にも最適です。
鶏肉のハニーマスタード焼き
下味をつけた鶏肉に、はちみつとマスタードを和えたソースを塗ってソテーします。
鶏肉のタンパク質が、体を丈夫にします。
鶏肉はあらかじめヨーグルトに浸けておくと、肉質が柔らかくなり、同時に善玉菌による効果アップも期待できます。
キムチオクラ納豆
キムチとオクラと納豆を混ぜるだけです。
キムチと納豆に含まれる善玉菌が体内環境を整え、納豆とオクラに含まれるムチンという成分が口や鼻などの粘膜を保護してくれます。
材料を混ぜてから、冷蔵庫で一晩おくと善玉菌が増加して食べ頃になります。
豚汁
味噌に含まれる麹菌が、善玉菌の役割を果たします。
豚肉や、一緒に煮込む野菜類にも豊富なビタミンが含まれてるうえ、体を温めることで発汗を促します。
野菜には、ゴボウや大根などの栄養価が高い根菜類がオススメです。

豆腐など大豆製品は、良質なタンパク質の宝庫なので、積極的に取り入れていきたい食品です。
これら体に良い食材をいくつか知っておけば、日々のちょっとした献立に取り入れていけて便利ですね。
インフルエンザに負けない体づくりのため、食卓にプラス一品はいかがでしょうか?

オセフル

オセフル

オセフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用することによって、感染に伴う症状を抑えることができます。
まとめ買いで大幅割引
3箱:17,940円13,545円