【インフルエンザ予防】ウィルスの感染を防ぐ、実践テクニックとは?

このページでは、オンフルエンザの予防について解説していきます。  [非表示

オセフル

オセフル

オセフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用することによって、感染に伴う症状を抑えることができます。
まとめ買いで大幅割引
3箱:17,940円13,545円

インフルエンザの予防が必要な理由

インフルエンザは感染力の高い病気なので、周囲の人にうつしてしまう可能性があるため、完治するまで学校や会社に通うことができない病気です。
そのため、社会人であれば、仕事的に大切な時期であったり、重要なプレゼンが控えていたりしたら、絶対にかかりたくはないと考えるでしょう。

だからこそ、日常で出来る予防対策を。

学生だったら受験や試験など、絶対に外せない講義時間があったり、就職活動中に感染したら、大きなチャンスを逃がしてします可能性もあります。
やはり日ごろからの予防が重要になりますが、いったいどのようにインフルエンザに立ち向かったらいいのか、自分でできる予防術についてまとめてみました。

ワクチンを接種して予防する

インフルエンザの予防策として、まず真っ先に思い浮かぶのがインフルエンザワクチンによる予防接種です。
小学生や中学生であれば学校で実施してくれるケースもありますが、最近では自己責任で自宅対応という学校も増えているようですね。
大人ももちろん、ワクチン接種は有効になるので、例えばTVのニュースなどでインフルエンザ流行の兆しがあるという情報をキャッチしたならば、近くの病院やクリニックなどに行って予防接種を行ってください。
新型のインフルエンザが大流行すると、ワクチンの生産が間に合わないという場合もありますので、絶対にかかりたくないという人であれば、早めのワクチン接種を心がけてください。

最近では夜までやってるクリニックも。

最近は、会社帰りのビジネスマンが通えるようにと、夜の20時くらいまで対応してくれるクリニックも増えています。
予防接種を受けるためだけに会社を休みづらいでしょうから、こういったクリニックを活用するようにしたほうが良いでしょう。
ワクチン接種は基本的には自己負担で3,000円~5,000円の費用がかかります。
自治体によっては費用補助が受けられる可能性もありますので、一度確認してみるとよさそうです。

いち早いワクチン接種で、シーズンを乗り切ろう!

インフルエンザワクチンの効果は、接種後約2週間後から現れ、約5か月間は効果が持続されるといいます。
ですので、流行の兆しが見られたタイミングですばやくワクチンを接種すれば、インフルエンザ流行シーズンを乗り切ることができる可能性が高まります。

日常生活の中で実施できる予防法

もちろん、日常生活の中でいくつか注意すべき点を守っていけば、完全とはいいきれませんが感染リスクは低下します。
まずは、外出時にはマスクを着用すること。
インフルエンザはウィルスキャリアの咳やくしゃみを介した飛沫感染の可能性が高く、例えば電車の中で誰かが咳をすれば、社内の空気の中にウィルスがばらまかれるような状態になります。
その空気を吸い込めば口内や鼻の粘膜にウィルスが付着して感染してしまいます。
したがって、ウィルスを口内に吸い込まないよう、捕集力の高いマスクを着用することで予防効果が高まるということです。

ドアノブやつり革にも注意を。

同様に、感染者の鼻水や唾液などが付着したドアノブや電車のつり革に触れた手で、自分の鼻や口を触ると、飛沫感染同様、ウィルスに感染する可能性が高まります。
そのため、外出先からかならず手洗いとうがいを励行するというのも効果的なインフルエンザ予防術のひとつと認識されています。

日ごろから十分な休養を。

これはインフルエンザに限ったことではないのですが、免疫力が落ちているとウィルスに感染するリスクが高まります。
過度なストレスを抱えていたり、寝不足などによる体調不良を自覚しているときに限って、カラダの抵抗力が落ちているので病気になりやすいです。
やはり規則正しい生活を送るのが基本ですが、すくなくとも睡眠時間はしっかり確保。
日ごろから十分な休養をとっておいたほうが良いでしょう。

空気の乾燥は、ウィルスの増加を招く?

室内環境にも配慮が必要です。
インフルエンザは基本、冬季に流行のピークを迎えますが、そのシーズンは空気が乾燥しています。
空気が乾燥している環境ではインフルエンザウィルスの増殖が激しくなるので、加湿器などを用いて適度な湿度を保つべきでしょう。

オセフル

オセフル

オセフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用することによって、感染に伴う症状を抑えることができます。
まとめ買いで大幅割引
3箱:17,940円13,545円