オセフルの副作用を紹介。吐き気やじんましんなどの対処法を解説します。

このページでは、オセフルの副作用について解説していきます。  [非表示

10代の未成年は特に副作用に注意

インフルエンザの特効薬として知られるオセフル。
有名なタミフルよりも安価なジェネリック薬品であるため、インターネット通販を通じ、予防目的、あるいは緊急避難用として事前購入して備えている方も少なくはありません。
どんな医薬品でもそうですが、このタミフルのジェネリックであるオセフルにも、副作用事例の報告があがっています。

10代や高齢者は特に注意。

以前、TVのニュース番組などで、タミフルを飲んだ患者が幻覚を引きおこしたという話題が持ち上がっていました。
しかし、ほとんどの事例が10代の若年層によって引き起こされている副作用です。
現在も、10代、もしくは高齢者の服用には注意を払うべきとの注意喚起があります。
タミフルとまったく同じ成分であるオセフルもまた、同様の副作用があると考えられます。
高齢者であれば、生理的機能が低下しているため、成人よりも重度な副作用が生じる可能性があります。

医師の相談が必要

また、これも当然のことですが妊娠中の女性であったり、あるいは肝機能の低下など持病がある方も、服用前には一度、医師の相談を受けるべきでしょう。
基本的には、オセフルのオリジナルであるタミフルの購入には医師が発行する処方箋が必要となります。
成人の方で、以前にタミフルを使用した経験がある方であれば、その際に指示があった服用量や服用法を遵守すれば良いのですが、用途を間違えると重度の副作用を招く可能性もあるので注意が必要です。

初めての方は、まずは医師の処方を。

これまで、オセフルやタミフルを一度も服用したことがないという方は、たとえ成人であってもいきなり、インターネット通販のオセフルを購入して服用したりせず、クリニックや病院で処方箋を発行してもらい、オリジナルのタミフルを購入したほうが無難です。

オセフルの副作用事例

オセフルはインフルエンザにかかったばかりの時期に服用するとインフルエンザウィルスの増殖を押さえる効果が高まるとされている薬です。
特効薬として知られるタミフルほどメジャーではありませんが、海外ではしっかり承認されており、多くの医療現場で活用されている薬です。
しかもジェネリックであるため薬価も低く抑えられています。

現在、このオセフルを日本国内のドラッグストアはもちろん、調剤薬局でも入手することはできません。
インターネット経由で購入することができいますが、気になるのは副作用です。
オセフルを服用した際に実感される副作用としては主に、吐き気や嘔吐、腹痛、下痢といった消化器官系の副作用であったり、皮膚異常やじんましん、水泡などの皮膚に現れる副作用の報告もあがっています。
さらに重度になると、肝障害や出血性大腸炎、呼吸困難に陥る例もあるので注意が必要です。

check point!!

一般的なオセフルの副作用
消化器官系 吐き気、嘔吐、腹痛、下痢など
皮膚系 皮膚異常、じんましん、水泡など
さらに重度のもの 肝障害、出血性大腸炎、呼吸困難など

もちろんオセフルの成分に対してアレルギーを持っている人も服用することはできません。

副作用は、高い薬効の裏返し

しかし、副作用はけっして身体にとって危険なものではありません。 副作用は結局、その薬効があることの裏返しとされており、完治して服用をやめるのと同時に、自然に消えていくのが基本です。
ところが服用をやめたにも関わらず、上記のような副作用がいつまでも続いたときには、何らかの問題が発生している可能性もあるため、速やかに医師に相談にいったほうが良いでしょう。

問題が発生したらすぐに相談を。

医師に相談する際には、服用していた薬やパッケージなどを持参すると良いでしょう。
ありのままにすべてを話しして、専門的見地からの助言をもらうようにしてください。
とにかく強度な副作用を引き起こさないためにも、特に服用する容量は間違えないことで。
未成年者がタミフルを使用したことで幻覚や異常行動を引き起こす可能性もあります。

何事も自己判断するべきではなく、問題があったらすぐに相談できる医師との関係を持っておくのも良いでしょう。

説明書は英語

インターネットを介して個人輸入のサイトからオセフルを購入した場合には、その医薬品自体が海外製品となるので、パッケージに記載されていることや添付されている説明書はすべて英語となっています。
当然、そこに書かれていることを理解するのは難しいので、オセフルについて書かれている情報サイトを見つけて確認をしておくのが無難です。
気の利いている通販サイトであれば英文を翻訳した説明書を用意してくれるサイトもあるので、注意を払っておきましょう。

シーズン前の常備がオススメ。

副作用は確かに怖いものですが、医薬品を正しく服用しておけば問題はありません。
それよりも罹患してから早い段階で服用すれば、それだけ早く完治もしますし、高熱や体調不良からも解放されます。
そのためには、事前にオセフルを購入し、常備しておくといいでしょう。
特にインフルエンザの流行シーズンでは必須。TVニュースでインフルエンザの報道がはじまったら、予防手段として事前にオセフルを購入しておくことをおすすめします。

事前の準備でスピーディな治療を。

もし万が一、罹患したとしてもすばやく常備薬となっているオセフルを服用し、スピーディなセルフメディカルが成立します。
しっかり備えておくことで安心した生活を送ることができます。