このページでは、オセフルの薬価について解説していきます。  [非表示

オセフル

オセフル

オセフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用することによって、感染に伴う症状を抑えることができます。
まとめ買いで大幅割引
3箱:17,940円13,545円

オセフルの薬価が安い理由

抗インフルエンザ薬の代名詞として知られるタミフル。
そのジェネリック薬品であるオセフルは、薬価も低めに設定されているうえ、特効薬であるタミフルとまったく同じレシピにて製造されているため、効果もまったく同じという、大変優れた医薬品でもあります。

承認までに莫大な費用がかかる。

どうしてオセフルの薬価が低いのか。
それはジェネリック薬品全般にいえることですが、タミフルのような画期的なオリジナル医薬品は、開発して承認を受けるまでに莫大な費用がかかります。
そのため、承認を受けて販売される段階で、その開発費負担が薬価に乗せられていまいます。

既存のレシピで、開発費を軽減。

ジェネリック薬品は、そのオリジナルの医薬品の特許が切れたことで、開発元以外の製薬会社でも製造が可能になったものです。
すでに公開されている成分に基づいて製造されるため、当初の開発費用の上乗せ分が不要になります。
だから、単純な原料費用と製造費用だけで薬価が設定され、従来のオリジナルよりも安価になるのです。

check point!!

特許切れのレシピで製造を行うから、効果が同じ薬品が安価で作れるのです。

ちなみにオリジナルのタミフルはスイスのロシュという大手製薬会社が開発製造したのですが、そのジェネリックであるオセフルは、トルコの首都イスタンブールの製薬会社オプトが製造しています。
実はトルコやインドにはジェネリック薬品を製造する会社が多く集まっています。
製造技術も高く、安心して使用ができます。

日本ではオセフルは通販で購入するしかない

安価でありながらオリジナルと同様の効果が期待できるタミフルのジェネリック薬・オセフルですが、残念ながら現時点では日本において厚生労働省の承認が降りていないため、国内では入手ができない薬となっています。
とはいえ、オリジナルのタミフルも市中のドラッグストアで購入できるかというとそんなことはありません。
タミフルは処方薬なので、医師の診断の受けた後、処方箋を発行してもらって、病院の門前にある調剤薬で処方してもらいます。

タミフルは予防の為に準備ができない?

タミフルは保険が利きますから、診療費とあわせて7000円程度で購入が可能です。
ただし、処方薬の場合、病状があって、診断されてはじめて処方されます。
すなわち、インフルエンザにかかっていなければ購入ができないということです。
実はタミフルも、そのジェネリックであるオセフルもインフルエンザの予防薬としての効果も期待できます。

事前準備の方法は通販しかない。

特に会社や学校に通っている人はシーズンになると心配。予防をしたいと思うことでしょう。
しかし、現状では入手できないため、ネット通販を活用して入手するしかありません。

オセフルの相場

日本で未認可のジェネリック薬がどうしてネットの通販で購入できるのか。
それはけっして違法ではありません。
実は数量は限定されていますが、医薬品の輸入は個人利用に限って可能となっており、その旨が厚生労働省のホームページに記されています。
したがって、インターネット通販で購入できる医薬品はすべて、個人輸入によるジェネリック薬品だということです。

必要量は、一日に2錠を5日分。

タミフルのジェネリックで得あるオセフルは上記に述べた理由により、オリジナルのタミフルに比べて、非常に安価に設定されています。
インターネット通販におけるオセフルの価格の相場は10錠で5000円前後。
オセフルは一日に2錠、5日間服用が基本となるので、これで十分でしょう。
ただし予防には7~10日間の服用が必要となるので、もうひと箱購入しておいたほうが安心でしょう。
もちろん、様々な通販サイトがあるため、さらにサーチをすれば、もっと安価なオセフルを見つけることができるかもしれません。

check point!!

オセフルの相場
10錠で5000円前後

悪質な業者には注意を。

しかし、中には悪質な業者もあるため注意が必要です。
あまりにも安すぎるオセフルは心配ですね。
強烈な副作用を招くなどのトラブルもありうるため、あまり価格ばかりを意識せず、妥当な値段で購入することをおすすめいたします。

オセフル

オセフル

オセフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用することによって、感染に伴う症状を抑えることができます。
まとめ買いで大幅割引
3箱:17,940円13,545円