【オセフル通販】お店では買えない「オセフル」を、通販で簡単入手

オセフル

オセフル

オセフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用することによって、感染に伴う症状を抑えることができます。
まとめ買いで大幅割引
3箱:17,940円13,545円

通販で買えるオセフルのジェネリック

インフルエンザの特効薬として知られるタミフル。
それと同じ効果を発揮しながらも、価格が非常に安いということで重宝されるジェネリック薬として、オセフルという薬があるということをご存じでしたか? こちらのオセフルは、タミフル同様、感染から24時間以内に服用すればインフルエンザ菌の増殖を防ぐ働きがあるといわれています。

タミフルはドラッグストアでは購入できない。

A型、B型両方のインフルエンザに効果があるとされていますが、実はこのタミフルのジェネリックであるオセフルは国内では未認可のため、ドラッグストアでは販売されていません。
オリジナルであるタミフルは処方薬なので、病院やクリニックで診察を受けた上で、医師に処方箋を発行してもらえれば調剤薬局で購入することができます。
ところがオセフルは、同様の効果が認められ、なおかつ圧倒的に薬価が安いにも関わらず、国内では入手でないのです。

オセフルなら予防の為の購入も可能

しかし、このタミフルやオセフルは治療のみならず、インフルエンザの予防にも活用できます。
やはり家にストックしておけば、夜間や休日など、病院がクローズしている時間帯における発症時にも安心です。
極力、早めに飲めば、早めに症状も収まります。もちろん、予防も同様。基本的には、病院で処方箋を発行するのは罹患者ですから、予防目的でタミフルを入手するのは非常に困難な状況にあります。

合法的な個人輸入でオセフルを入手

そんなときにはインターネット通販を活用してオセフルを入手すると良いでしょう。
日本国内で認可されていないオセフルがどうしてインターネット通販で入手することができるのか。
それはネット上で取り引きされている薬の多くが海外製品で、個人輸入という手法を用いて、仕入れ・販売する業者があるのです。

海外ではジェネリック薬品が当たり前。

海外ではオセフルをはじめ、多くのジェネリック薬品が認可され、市民権を得ています。
オリジナルに比べて、非常に安価であるため、ネット通販の手数料が加算されたとしても、非常に安価な設定で販売が可能となるのです。

個人輸入は違法ではない?

個人輸入の薬はけっして非合法ではありません。
厚生労働省は、一ヶ月分の分量であれば、海外医薬品の個人輸入を認めています。
オセフルは一日に2錠、服用すると説明書に記載がありますが、約5日間の服用で完治するとのこと。
通販業者から10錠購入すれば十分でしょう。

check point!!

一ヶ月分の分量であれば、海外医薬品の個人輸入もOK!

便利なインターネット通販ですが、中には悪質な業者がいて、粗悪な薬を販売する例もあるので注意が必要です。
口コミや確かな情報を掲載しているWEBサイトを閲覧して、しっかり自己判断して購入するようにしましょう。

通販でオセフルを購入する注意点

インターネット通販を活用して医薬品を購入する際の注意点としてあげられるのは、海外製品であるため説明書類がすべて英語であるということ。
やはり薬を服用する上で、もっとも重要なのが服用量を間違えないと言うことですので、特にこれまでタミフルやオセフルを飲んだことがない患者さんにとっては、説明書の通読は必要不可欠です。

check point!!

通販サイトによっては、日本語に訳された説明書が添付される場合もあります。
基本的にはタミフルと服用法は同じなので、過去に処方してもらった経験がある場合には、それに準じて飲めば問題はありません。

過去に処方薬を服用した経験がない場合、信用できる医療情報サイトを参照するか、あるいは医師と相談してみると良いでしょう。
オセフルは75mgのカプセル錠になっているので、それを朝晩、一錠ずつ、水などと一緒に服用します。

小児への服用は専門医を通して。

服用量さえ遵守すれば問題はありませんが、小児の服用には注意が必要です。
インターネット通販で購入した場合でも、医師の相談なしに小児へ与えるのは避けたほうが良さそうです。
あくまで以前にタミフルを服用した経験がある大人が、いざといときのために準備しておくという目的で購入したほうが良さそうです。

オセフル

オセフル

オセフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用することによって、感染に伴う症状を抑えることができます。
まとめ買いで大幅割引
3箱:17,940円13,545円