オセフルの飲み方を紹介します。感染後48時間以内の服用が最も効果的?

このページでは、オセフルの飲み方について解説していきます。  [非表示

オセフル

オセフル

オセフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用することによって、感染に伴う症状を抑えることができます。
まとめ買いで大幅割引
3箱:17,940円13,545円

タミフルと同じ服用法のオセフル

オセフルは、インフルエンザの特効薬として世界的に知られているタミフルのジェネリック薬品です。
ジェネリックとは特許が切れた既存薬と同じレシピで、オリジナルとは違った会社が製造販売する薬です。
スイスのロシュ社が製造したタミフルに対し、このオセフルはトルコの首都イスタンブールにあるオプトという製薬会社が製造。
このジェネリックの最大のメリットは、まったく同じ効果を発揮しながら、価格が安いという点にあります。

タミフルは通院しないと手に入らない。

通常、タミフルはインフルエンザにかかったときに病院で診断を受け、処方箋を発行してもらって調剤薬局で購入しますが、病院に通院する時間がなかったり、病院がしまっている時間帯に発症して高熱を発してしまったら、処方してもらうことができません。

以前に処方された時と同様に服用

このオセフルのオリジナルは感染力の強いインフルエンザ菌の増殖を押さえる効果を持っているため、できるだけ早めに服用することが推奨されています。
そのため、もしものときに備えて自宅に保管しておきたいものですが、処方薬である以上、一般的なドラッグストアで購入ができません。
以前、インフルエンザにかかったときに、処方してもらった薬を保管しているケースもありますが、それほど多く、余分を処方してもらうわけではありません。

ネット通販で買えるジェネリック薬品

そんなときにはネット通販で購入できるジェネリック薬品の利用が便利です。
このオセフルはタミフルとまったく同じレシピで作られていますから、基本的には服用方法も一緒です。

タミフルと同じ飲み方で大丈夫。

一度、タミフルを飲んだことがある方であれば、以前と同様に服用すれば良いのですが、飲み方を忘れてしまっていたり、あるいは初めての使用の場合には、しっかり服用法を読んでから飲んだほうが良いです。 特に服用量を間違えると諸々問題が生じる可能性があります。
以前にもTVなどで話題になりましたが、オセフルのオリジナル薬であるタミフルを飲んで、幻覚や幻聴に悩まされるという問題がないわけではありません。

日本語の説明書がネット上で公開されている。

ネット通販で購入できるジェネリックは、外国製の薬ですから、その多くが個人輸入のサイト経由での購入となります。
そのため説明書が英語の場合も多く、内容が理解できない場合もあります。
現在、多くのサイト上でオセフルやタミフル服用に関する説明書が公開されています。
心配な人は服用前に目を通しておくといいでしょう。

治療時、予防時の服用法

オセフルはインフルエンザ感染後48時間以内に服用することで効果が発揮されます。
高熱を発するなど、諸症状が現れたらすぐに服用することをお勧めします。
通常は75mgのカプセル錠剤で販売されていますから、1回1錠、朝晩など二度に分けて服用します。
治療薬として服用するは最低5日間です。
症状にあわせて飲み続けてください。

check point!!

オセフルの服用
1回1錠を朝晩など二度に分けて服用

予防薬としても効果を発揮!

実はこのオセフルは予防薬としても使用できます。
基本的にはA型、B型、両方に効果があるとされていますので、インフルエンザの流行がはじまったら、予防薬として服用を開始してください。
予防目的の場合には、治療時と同様、75mgのカプセルを1回1錠、朝晩など二度に分けて服用します。
ただし、治療時よりも長く、最低7日間は服用する必要があります。

未成年は医師に相談のうえ服用を!

未成年者の場合、少々、注意が必要です。
勝手な判断はせずに、医師に相談のうえ、服用することをお勧めしています。
以前、病院にかかった時に処方してもらった際の服用量は参考にはなりますが、体重が変わっていたり、他の薬との飲み合わせの問題もありますから、勝手は判断をするのは危険です。
あくまで成人の男女が、以前の服用履歴を参考にしてジェネリック薬を活用するというのがベター。
服用量や手順をしっかり守ったうえで、自宅におけるインフルエンザ対策としてオセフルを活用すると良いでしょう。

オセフル

オセフル

オセフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用することによって、感染に伴う症状を抑えることができます。
まとめ買いで大幅割引
3箱:17,940円13,545円