オセフルの飲み方を紹介します。感染後48時間以内の服用が最も効果的?

このページでは、オセフルの飲み方について解説していきます。  [非表示

オセフル

オセフル

オセフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用することによって、感染に伴う症状を抑えることができます。
まとめ買いで大幅割引
3箱:17,940円13,545円

オセフルの効果

オセフルは、オセルタミビルを有効成分としているインフルエンザ治療薬です。
インフルエンザを増殖させる酵素「イラミニダーゼ」の働きを阻害し、高熱などの症状を抑えます。
A型、B型の両方に効果を発揮してくれるので、流行のシーズンには常備しておくと安心ですね。

A型インフルエンザ
一般的にインフルエンザとよんでいるのはA型になります。
感染力が強いため、早期の治療が必要になります。
B型インフルエンザ
比較的症状が軽く、下痢や腹痛を引き起こすのが特徴です。
感染力も弱く、危険性は低いとされています。

オセフルの飲み方

オセフルは1回1錠を1日2回、朝晩に分けて服用します。

オセフルを飲むタイミング

オセフルは、症状が出てから48時間以内に服用しないと効果が低くなるとされています。
そのため異変を感じたらすぐに服用すれば、より短い期間でインフルエンザを治療できます。
とはいえ、ただの風邪なのかインフルエンザなのかは分かりにくいですよね?
インフルエンザのいちばん分かりやすい特徴は高熱の発症です。
シーズン中に急な高熱が出たら、インフルエンザを疑いすぐに治療をしましょう。
オセフルを飲み始めたら、最低5日間は治療のために飲み続けてる必要があります。

オセフルでインフルエンザ予防

オセフルは、インフルエンザ予防薬としても効果を発揮して暮れます。
インフルエンザの症状が現れる前に飲むと、症状の発生を抑えることもできるんです。
受験生や大事な仕事を抱えている人には嬉しい効果ですね。
インフルエンザは毎年12月頃から流行が始まり、1月から3月にピークを迎えます。
その期間中に、家族や周囲の人間がインフルエンザを発症してしまったら、1~3日以内に服用することで予防になります。
その際は、最低7日間は飲み続けてください。
通常、抗インフルエンザ薬は症状が現れた後、医師の診断を受けてからでなければ手に入りません。それでは遅いです。
しかし、オセフルは海外から通販で購入できるため、事前に準備しておくことが可能なんです。

未成年の服用には注意

成人が服用する分には問題が無いオセフルですが、未成年の服用には注意しましょう。
未成年がオセフルを服用した際、幻覚や異常行動などを引き起こす事例が報告されています。
以前に服用を経験しているお子様でも、年齢や体重の変化などでも影響が変わってきますので、きちんと医師と相談をしながら服用を決めましょう。

オセフルとタミフルの違い

抗インフルエンザ薬として名高い「タミフル」。
「オセフル」とどちらを購入するか悩みどころですよね?
実は、「オセフル」は「タミフル」と同じお薬なんです。
正確には「タミフルジェネリック」と呼ばれ、「タミフル」のレシピをもとに同じ成分で作られたお薬が「タミフル」です。
そのため、効果も飲み方も、どちらも違いはありません。
ただひとつ違うのがお値段。
「オセフル」はすでに製法が認められている「タミフル」をもとにしているため、非常に安価に販売されているんです。

オセフル

オセフル

オセフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用することによって、感染に伴う症状を抑えることができます。
まとめ買いで大幅割引
3箱:17,940円13,545円