インフルエンザ治療薬「オセフル」は、インフルエンザによく効く薬です

オセフルはどんなお薬

オセフルは、タミフルと同じ主成分で製造されたジェネリック医薬品です。
有効成分であるオセルタミビルが、ノイラミニダーゼという酵素の働きを抑制して、インフルエンザウイルスの増殖を防ぎます。
A型とB型両方のインフルエンザに対しても有効なので、治療や予防など幅広い用途で服用され、インフルエンザのシーズンには多くの人に購入されています。
タミフルと同じ効果のお薬が安価に手に入るため、ご家庭の常備薬としても親しまれています。

オセフル
1箱 10カプセル
オセフル

オセフルは主にインフルエンザウイルスA型・B型に効果があります。また、感染予防として用いる場合もあります。

内容量…1箱に10カプセル
有効成分…オセルタミビル
分類…抗ヒスタミン薬(第二世代)
製薬会社…ニューテックファーマ

オセフルの副作用って?

インフルエンザに高い効果を発揮するオセフルですが、効能が高い分、副作用にも注意が必要です。
吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、めまい、眠気などはオセフルの代表的な副作用ですが、稀に重大な疾患に繋がる症状もあります。
未成年には特に危険な症状が現れる可能性があるため、10~19歳の服用は医師の指導が無い限り禁止されています。
ここでは、オセフル服用の際の副作用と対処について、詳しくご紹介します。

オセフルの値段は?

タミフルのジェネリック医薬品であるオセフルは、高い薬効がありながらも実にリーズナブルに手に入るお薬です。
ジェネリック薬品全般にいえることですが、すでにオープンされている成分に基づいて製造されるため、開発費の大幅カットができるんです。
インフルエンザの治療には、最低でも10錠のオセフルが必要です。
インターネット通販では10錠で4,500円程度が相場となっています。

オセフルってどうやって手に入れるの?

インフエンザのシーズン前に是非とも入手したいオセフルですが、残念ながらドラッグストアなどでは市販されていません。
厚生労働省の承認が降りていないため、日本国内では市販できないんです。
いちばん手っ取り早くオセフルを入手する方法は、インターネット通販で海外から直接輸入することです。
ネット上で取引されている薬の多くは、海外から個人輸入というかたちで購入されているんです。

オセフルの飲み方は?

オセフルはインフルエンザ感染後48時間以内に服用することで再現の効果が発揮されます。
一回一錠を、朝晩に分けて二度服用します。
副作用にも注意が必要なお薬ですが、きちんと服用すればインフルエンザの治療や予防に優れた効果を発揮してくれます。
ここでは、正しいオセフルの服用と、その注意点について詳しく解説します。