インフルエンザを早く治すには、早めの検査が重要です

このページでは、インフルエンザの検査について解説していきます。  [非表示

オセフル

オセフル

オセフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用することによって、感染に伴う症状を抑えることができます。
まとめ買いで大幅割引
3箱:17,940円13,545円

インフルエンザ検査の重要性

感染力のインフルエンザは、流行のシーズンがやってくると、あっという間に広がっていきます。
特に学校や幼稚園に通っているお子さんは要注意。
同級生の誰かがインフルエンザにかかっていると、そこからあっという間に感染が広がっていって、学級閉鎖や学校閉鎖にまで追い込まれる可能性があります。
インフルエンザは咳による空気感染、あるいは感染者の唾液や鼻水などが触れたもの、例えばドアノブやタオルなどを介して感染します。

空気感染を防ぐには?

空気感染を防ぐにはインフルエンザウィルスを保有するキャリアも周囲の人もマスクをして過ごすのが有効です。
そして外出先から戻ってきたら必ずうがいと手洗いを励行。
手やのどなどに付着したウィルスをしっかり洗い流すことが重要です。

感染拡大には要注意!

どんなに予防をしていても感染する可能性はあります。
インフルエンザが流行しているとTVニュースなどで放映されている時期に体調が悪い、発熱しているなどの症状が現れたときには要注意。
普通の風邪だろう、単なる疲労だろうと放置しておくと、重症化する可能性があることはもちろん、本人の問題だけにとどまらず、家族や友人、同僚など周囲の人々に悪影響を及ぼすことになります。
抵抗力の弱い小児や高齢者に感染したら大変なことになります。

迅速診断キットによる検査

インフルエンザに罹ったかなという疑いが生じた場合には速やかに治療に入るべきでしょう。
自分がインフルエンザにかかっているかどうかを判断するにはやはり、しっかりとした検査が必要となります。
医療機関が用意するインフルエンザの検査方法にはいくつかの種類があります。
もっともポピュラーなのが迅速診断キットによる検査です。

スピーディな迅速診断キット

ほとんどの病院が採用する方法ですが、鼻の奥やのどの奥に小さな綿棒をこすりつけて粘膜を採取。
こちらを検査薬に入れて15分ほど放置すると、陰性であるのか陽性であるのかが判断できます。
非常にスピーディに判明するということで、病院としても患者としても重宝できる検査方法です。
インフルエンザが疑われる場合には院内感染を避けるため、検査中の待機には個室が用意されるケースもあります。
陰性であれば看護師が説明に来ますが、陽性であれば医師が説明に来ると告げる病院もあります。

発熱12時間後に病院に行こう。

実はこの検査キットはインフルエンザ発症後、高熱が出てから12時間を経過しないと判断ができないものです。
ですから、体調が悪くなったらすぐに検温をして、そこで高熱を発していたら、少し横になって、ほかの人との接触を避け、約12時間を経過した時点で病院に行って検査をすることで、正しい結果が得られるというものです。

発見が早いほど、治療も早くなる!

インフルエンザの治療に用いられる抗インフルエンザ薬は発症後、48時間以内に服用するのが有効とされています。
したがって、体調が悪いのにうかうかしていて検査のタイミングや治療開始のタイミングを逸してしまうと、薬剤の効果が半減してしまい、完治までに時間を要するようになってしまいます。

そのほかのインフルエンザ検査法

先に述べたように、インフルエンザの治療にはスタートダッシュが重要になります。 検査キットを利用することで、すばやい治療対応が可能となるので、多くの病院で採用されているのです。
ごくまれに検査キットによる誤診もありえるのですが、それはほとんど時間の問題に起因します。
12時間以上経過したかどうかという目安を理解したうえで、正しいウィルス検査を実施してください。

他の検査方は時間がかかる。

この簡易キット使用による検査のほかに、血清抗体検査やウィルス分離検査などの病理検査でインフルエンザか否かを判断する病院もあります。
これらの検査は確かに正確なのですが、大学病院など大きな病院でなければ実施されていないので、急を要する治療の場合、あまり現実的なものとは言い切れません。

オセフル

オセフル

オセフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用することによって、感染に伴う症状を抑えることができます。
まとめ買いで大幅割引
3箱:17,940円13,545円