インフルエンザの症状・お薬ナビ

インフルエンザを知って、正しい対処法を。

インフルエンザとはウィルスに感染することで発症する強力な感染症です。
何よりも恐ろしいのがその感染力。
咳やくしゃみによる飛沫感染や、唾液や鼻水がついたモノをさわることで、周囲の人に簡単に感染してしまいます。

実はこのインフルエンザ、タイプによって型、B型、C型に分かれているのはご存知でしょうか?
インフルエンザの種類を知って、正しく対処することが、予防や治療には必要なのです。

インフルエンザはどんな症状?

「インフルエンザは風邪の延長線上」「風邪が重症化したものがインフルエンザ」とお持っている人もいますが、 風邪とインフルエンザは全く違う病気なんです。 熱がでたり、鼻水やのどの痛みが伴うため、混同されがちですが、インフルエンザは全身に影響を与える疾患です。

インフルエンザが悪化すると、インフルエンザ脳炎などの合併症を引き起こす可能性もあります。 ひどい場合には嘔吐、けいれん、意識障害が起こり、小さなお子さんでは30%が死亡、25%に運動障害などの後遺症がみられる恐ろしい疾患です。

無理な自己判断はせず、おかしいなと思ったら医師に相談するのが良いでしょう。

インフルエンザを防ぐには?

インフルエンザは絶対にかかりたくない病気。
日ごろからの予防が重要になりますが、どのようにインフルエンザに予防をしたらいいのでしょう?

インフルエンザに効く薬は?

インフルエンザの治療は薬剤による治療が一般的ですが、実はこの処方薬、大きく2つの種類に分けられています。
ひとつは抗インフルエンザ薬といわれるもので、インフルエンザの原因となるウィルスの体内増殖を防ぎます。
もうひとつはその症状に見合った薬を投与する、対症療法という考え方で、高熱や関節の痛みに対しては解熱鎮痛剤を用い、鼻水やくしゃみに対しては抗ヒスタミン薬を投与するというものです。

インフルエンザの特効薬「オセフル」

現在、抗インフルエンザ薬の代名詞として知られる「タミフル」。
そのジェネリック薬品である「オセフル」は、安価に手に入るうえにタミフルとまったく同じ効果という、大変優れた医薬品です。

人気・実績ナンバーワン
オセフルの通販
オセフル
オセフルは、インフルエンザの特効薬として世界的に知られているタミフルのジェネリック薬品です。 タミフルと全く同じ効果で、安価に手に入ります。

オセフルの飲み方は?

アオセフルはインフルエンザ感染後48時間以内に服用することで効果が発揮されます。
高熱を発するなど、諸症状が現れたらすぐに服用することをお勧めします。
通常は75mgのカプセル錠剤を1回1錠、朝晩など二度に分けて服用します。
治療薬として服用するは最低5日間必要です。
また、10代の未成年は特に副作用に注意して服用してください。

オセフル

オセフル

オセフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用することによって、感染に伴う症状を抑えることができます。
まとめ買いで大幅割引
3箱:17,940円13,545円

インフルエンザの検査をしよう。

インフルエンザの恐ろしさはその高い感染力。
ワクチンや日常生活の改善である程度の予防はできますが、どんなに予防をしていてもかかるときにはかかってしまうもの。
特に諸症状が現れたときに、単なる風邪だろうと放置しておくと大変なことになります。
現在では迅速診断キットなどによりスピーディな検査も可能です。

インフルエンザはどこから感染するのか?

インフルエンザの感染方法は、飛沫感染と接触感染の二種類があります。
飛沫感染は咳やくしゃみから、接触感染はドアノブやつり革などを介して感染します。
インフルエンザは非常に感染力の高いウイルスですので、感染経路を理解して予防に努めましょう。

インフルエンザにかかってしまったら。

インフルエンザは非常にリスクの高い病気です。
高熱と痛みで何日も動けないばかりか、周りの人にうつしてしまう可能性だってあります。
では、インフルエンザにかかってしまったら、どうすればいいのでしょうか?